全ての人に便利で豊かな生活を SDGs9「産業と技術革新の基盤を作ろう」

           
        全ての人に便利で豊かな生活を SDGs9「産業と技術革新の基盤を作ろう」

SDGs9「産業と技術革新の基盤を作ろう」について考える

SDGs9は、「産業の技術革新の基盤をつくろう」です。強靭なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、技術革新の拡大を図るために、8つのターゲット目標があります。

 ターゲット
9.1全ての人々に安価で公平なアクセスに重点を置いた経済発展と人間の福祉を支援するために、地域・越境インフラを含む質の高い、信頼でき、持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラを開発する。
9.2包摂的かつ持続可能な産業化を促進し、2030年までに各国の状況に応じて雇用及びGDPに占める産業セクターの割合を大幅に増加させる。後発開発途上国については同割合を倍増させる。
9.3特に開発途上国における小規模の製造業その他の企業の、安価な資金貸付などの金融サービスやバリューチェーン及び市場への統合へのアクセスを拡大する。
9.42030年までに、資源利用効率の向上とクリーン技術及び環境に配慮した技術・産業プロセスの導入拡大を通じたインフラ改良や産業改善により、持続可能性を向上させる。全ての国々は各国の能力に応じた取組を行う。
9.52030年までにイノベーションを促進させることや100万人当たりの研究開発従事者数を大幅に増加させ、また官民研究開発の支出を拡大させるなど、開発途上国をはじめとする全ての国々の産業セクターにおける科学研究を促進し、技術能力を向上させる。
9.aアフリカ諸国、後発開発途上国、内陸開発途上国及び小島嶼開発途上国への金融・テクノロジー・技術の支援強化を通じて、開発途上国における持続可能かつ強靱(レジリエント)なインフラ開発を促進する。
9.b産業の多様化や商品への付加価値創造などに資する政策環境の確保などを通じて、開発途上国の国内における技術開発、研究及びイノベーションを支援する。
9.c後発開発途上国において情報通信技術へのアクセスを大幅に向上させ、2020年までに普遍的かつ安価なインターネットアクセスを提供できるよう図る。
https://imacocollabo.or.jp/

世界が豊かに発展するために欠かせないのが技術革新です。その技術革新を支えるためには基盤となるインフラ整備が必要です。どんな視点でインフラ整備が必要か、どんな整備が必要かについて考えていきたいと思います。

災害に強い街づくりが持続可能な産業発展を生む

強靭なインフラ整備ってどういったものだと思いますか。日本は災害大国です。皆さんの記憶に新しい熱海での土砂災害や、完全復興の道半ばである東日本大震災では、インフラが破壊されることで、被害が大きくなり、復旧に時間がかかりました。東日本大震災での計画停電は、記憶に新しいと思います。継続的な産業発展を行うためには、災害が起きてもなるべく早く復旧できる仕組みや構造を持つインフラ作りが重要になります。

インターネットを復旧させ、情報格差/技術格差を埋める

途上国では、電気・水道・道路といったインフラが整っていない地域が多いです、これらの整備を急ピッチですすめるのと同時にインターネットの整備も重要課題のひとつとなっています。

日本を含めた先進国のインターネット普及率は80%を超えていますが、一方で途上国は約45%です。途上国のなかでも特に発展の遅れている国では、20%程とも言われています。

普段の生活を振り返るとわかるように、これからの産業発展には、インターネットが欠かせません。インターネットがないということは、世界の技術革新からさらに遅れを取るということを意味すると思います。そうするとさらなる格差が生まれてしまします。

インターネットを使って誰もが情報を取りながら、最新技術を活用できる世界を作ることが大切です。

産業発展と私たちの生活のかかわりについて考えよう

すでに経済成長を遂げて、容易に最新技術に触れれる日本にすんでいると産業と技術革新の基盤と言われても、いまいちピンと来ないところがあるかもしれません。

ただ、産業の基盤づくりは、災害が多い日本では欠かせないことですし、私たちの生活は、様々な技術によってより便利なものになっています。産業発展が私たちの生活にどんな影響を与えているのか考えてみるのも良いかもしれないです。

【参考】

「未来を変える目標 SDGsアイデアブック」 一般社団法人Think the Earth 著

 https://imacocollabo.or.jp/