ジョギング×ゴミ拾い SDGsが生み出した新しいフィットネス

           
        ジョギング×ゴミ拾い SDGsが生み出した新しいフィットネス

ステイホームで運動不足の日々。エコに取り組めるフィットネス誕生

ステイホームの中、運動不足解消で走っているという方も多いのではないでしょうか。ランニングブームにのって新しいSDGsが若者から生まれています。

2016年にスウェーデンで誕生した「ジョギング」と「ゴミ拾い」を組み合わせた「プロキング」です。ジョギングをしながらゴミ拾いをするフィットネスで、体を動かしながらできるエコ活動として注目を浴びています。

手袋とリサイクル袋で、「地球を足元から治す」

「プロギング」は、英語の「ジョギング(jogging)」とスウェーデン語の「ゴミ拾い(plocka upp)」を組み合わせて生まれた言葉です。「地球を足元から治す」という信条のもと生まれたスポーツは、手袋とリサイクルバッグさえあればできます。

プロキングでは、走りながらゴミを拾うので、しゃがんだり立ったりを繰り返します。そのため、通常のランニングよりも消費カロリーが上がり、よりフィットネス効果が期待できます。

また、数時間のプロギングで10kgものゴミが集まることもあるそうです。

日本でもたくさんのプロキングイベントが開催中

日本でもプロキングが徐々に広まっており、「プロキングジャパン」という団体が、日本各地でプロキングのイベントを開催しています。人との交流を楽しみながら体を動かせるイベントに魅力を感じる人が多く、毎回大盛況のようです。参加者は、拾ったゴミの重さを比べて競ったり、人との交流を楽しみながら、エコ活動を行っています。

プロキングジャパン https://plogging.jp/

体を動かしながら楽しくSDGsに取り組もう

「野外で行うスポーツ」は推奨されている今。ゴミを拾いながらのジョギングは体力と免疫力の向上やストレス解消にもつながるフィットネスです。

スポーツしながら、地球環境にもいいことができるなんてとても素敵ですよね。

体を動かしながら、ゴミ拾いをして、地域の美化に貢献してみませんか。

【参考URL】

プロキングジャパン https://plogging.jp/ 

https://forbesjapan.com/articles/detail/42010