持続可能な現代エネルギーが人も地球も救う SDGs7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」とは

           
        持続可能な現代エネルギーが人も地球も救う SDGs7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」とは

SDGs7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」について考える

SDGs7は、「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」です。

「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」ことを目指して、8つのターゲット目標があります。

 ターゲット
7.12030年までに、安価かつ信頼できる現代的エネルギーサービスへの普遍的アクセスを確保する。
7.22030年までに、世界のエネルギーミックスにおける再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させる。
7.32030年までに、世界全体のエネルギー効率の改善率を倍増させる。
7.a2030年までに、再生可能エネルギー、エネルギー効率及び先進的かつ環境負荷の低い化石燃料技術などのクリーンエネルギーの研究及び技術へのアクセスを促進するための国際協力を強化し、エネルギー関連インフラとクリーンエネルギー技術への投資を促進する。
7.b2030年までに、各々の支援プログラムに沿って開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、内陸開発途上国の全ての人々に現代的で持続可能なエネルギーサービスを供給できるよう、インフラ拡大と技術向上を行う。
https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

電気・ガスといったエネルギーは私たちの生活に欠かせませんよね。電気がない生活なんて想像ができないって方も多いのではないでしょうか。しかし、世界でみると電気が使えない人は、なんと8.4億人もいます。またエネルギーの話をしたときに欠かせないのが気候変動の問題。全ての人が末永くエネルギーを利用するために何ができるのかについて考えていきたいと思います。

化石燃料の限界と途上国のエネルギー問題

現在、エネルギーの多くは、石油や石炭、天然ガスなどの化石燃料を使ってつくられています。化石燃料は、温室効果ガスを生み出すため、地球上で使う人が増えれば増えるほど温暖化が深刻化する恐れがあるといわれています。

また、電気が使えない人たちは、暖房や料理のために、家の中で薪や炭を燃やしています。室内の空気が煙でよごれてしまい、健康を害する人もたくさんいます。

これら2つのことからもわかるように、わたしたちは早急なエネルギー改革を求められているのです。

より推進が期待される再生可能エネルギー

こうした状況下の中、今注目をあつめているのが再生可能エネルギーです。

再生可能エネルギーとは、風力や太陽光、地熱といった自然界に常に存在するエネルギーのことです。このエネルギーを利用した発電が今とても注目を浴びています。

しかしながら、日本の全てのエネルギーの中で再生可能エネルギーが占める割合は、20%以下です。世界の平均以下となっており、まだまだ伸びしろがあります。

また途上国で、再生可能エネルギーを使うためにも手ごろな価格で提供できるようにする必要があるなど課題もたくさんあります。

私たちにできること

再生可能エネルギーを安価にしたり、風力発電所をつくるなどは、私たちからするととても遠いところに感じるかもしれません。しかし、再生可能エネルギーを使うことで、社会や企業に意思表示をしていくことは私たちにもできます。

電力自由化でエネルギーも自分たちで選べる時代になりました。インターネットで調べると再生可能エネルギーを利用した電気・ガスを提供している企業もたくさんあることがわかります。再生可能エネルギーを使っている電力・ガス会社と契約することで、企業に再生可能エネルギーの必要性を意思表示できるのです。

普段の生活で再生可能エネルギーを使って、地球に良いことをやっていきませんか。

【参考】

https://imacocollabo.or.jp/

「未来を変える目標 SDGsアイデアブック」 一般社団法人Think the Earth 著