全ての人が平和で安心して暮らせる社会に SDGs16「平和と公正を全ての人に」

           
        全ての人が平和で安心して暮らせる社会に SDGs16「平和と公正を全ての人に」

SDGs16「平和と公正を全ての人に」について考える

SDGs16は「平和と公正を全ての人に」です。持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築するために、12のターゲット目標があります。

 ターゲット
16.1あらゆる場所において、全ての形態の暴力及び暴力に関連する死亡率を大幅に減少させる。
16.2子供に対する虐待、搾取、取引及びあらゆる形態の暴力及び拷問を撲滅する。
16.3国家及び国際的なレベルでの法の支配を促進し、全ての人々に司法への平等なアクセスを提供する。
16.42030年までに、違法な資金及び武器の取引を大幅に減少させ、奪われた財産の回復及び返還を強化し、あらゆる形態の組織犯罪を根絶する。
16.5あらゆる形態の汚職や贈賄を大幅に減少させる。
16.6あらゆるレベルにおいて、有効で説明責任のある透明性の高い公共機関を発展させる。
16.7あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型及び代表的な意思決定を確保する。
16.8グローバル・ガバナンス機関への開発途上国の参加を拡大・強化する。
16.92030年までに、全ての人々に出生登録を含む法的な身分証明を提供する。
16.10国内法規及び国際協定に従い、情報への公共アクセスを確保し、基本的自由を保障する。
16.a特に開発途上国において、暴力の防止とテロリズム・犯罪の撲滅に関するあらゆるレベルでの能力構築のため、国際協力などを通じて関連国家機関を強化する。
16.b持続可能な開発のための非差別的な法規及び政策を推進し、実施する。

今も世界のどこかで、争いが起きています。暴力や虐待のない平和な社会をつくることが求められています。今回は、SDGs16について考えていきたいと思います。

紛争によって100人に1人が住む場所を追われている

世界では、今日もどこかで紛争や戦争などの争いごとが起きています。紛争で命を落とす人・少年兵として戦いに巻き込まれる子どもが後を絶ちません。家や財産を失い、住む場所を追われ、難民として生活している人もたくさんいます。2019年のUNHCRのレポートによると世界の難民の数は7,950万人だそうです。世界人口の約1%つまり、100人に1人が家を離れて別の場所に移動しなければならない状況にあります。

戸籍がなく、公的サービスが受けられない子どもたち

赤ちゃんが生まれたら「出生登録」をします。この「出生登録」によって、人々は戸籍をもち、義務教育を受けたり、予防接種を受けたりと様々な公的サービスを受けることができます。

現在、世界では5歳未満の子どもの4人に1人が出生登録をされていません。途上国では、出生届を出したくても届ける場所が遠かったり、親が届け出の必要を認識していなかったりしており、出生登録をより身近なものにする取り組みが必要です。日本ですら出生登録が出来ておらず、戸籍を持てていない子供が存在しています。

現状を知って、関連するイベントに参加してみよう

日本にいると紛争で住む場所がないことや、公的サービスを受けられない状況にあることが信じがたいこともあるかもしれません。たくさんの人が平和で安心して暮らせるようにするために、今世界で何が起こっているのか理解することが大切です。ニュースに興味をもったり、難民問題などのイベント・募金に参加することからはじめてみませんか。

【参考URL】

https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

https://sdgs.edutown.jp/info/goals/goals-16.html