生物の多様性を守る SDGs15「陸の豊かさも守ろう」

           
        生物の多様性を守る SDGs15「陸の豊かさも守ろう」

SDGs15「陸の豊かさも守ろう」について考える

SDGs15は「陸の豊かさも守ろう」です。陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図るために12のターゲット目標があります。

 ターゲット
15.12020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地及び乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系及びそれらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する。
15.22020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。
15.32030年までに、砂漠化に対処し、砂漠化、干ばつ及び洪水の影響を受けた土地などの劣化した土地と土壌を回復し、土地劣化に荷担しない世界の達成に尽力する。
15.42030年までに持続可能な開発に不可欠な便益をもたらす山地生態系の能力を強化するため、生物多様性を含む山地生態系の保全を確実に行う。
15.5自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護し、また絶滅防止するための緊急かつ意味のある対策を講じる。
15.6国際合意に基づき、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を推進するとともに、遺伝資源への適切なアクセスを推進する。
15.7保護の対象となっている動植物種の密猟及び違法取引を撲滅するための緊急対策を講じるとともに、違法な野生生物製品の需要と供給の両面に対処する。
15.82020年までに、外来種の侵入を防止するとともに、これらの種による陸域・海洋生態系への影響を大幅に減少させるための対策を導入し、さらに優先種の駆除または根絶を行う。
15.92020年までに、生態系と生物多様性の価値を、国や地方の計画策定、開発プロセス及び貧困削減のための戦略及び会計に組み込む。
15.a生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる資金源からの資金の動員及び大幅な増額を行う。
15.b保全や再植林を含む持続可能な森林経営を推進するため、あらゆるレベルのあらゆる供給源から、持続可能な森林経営のための資金の調達と開発途上国への十分なインセンティブ付与のための相当量の資源を動員する。
15.c持続的な生計機会を追求するために地域コミュニティの能力向上を図る等、保護種の密猟及び違法な取引に対処するための努力に対する世界的な支援を強化する。
https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

自然は私たちの生命維持に欠かせないものです。しかしいまその存在が脅かされています。今回は、SDGs15について考えていきたいと思います。 

私たちの生活を支える自然が破壊されている

都会や砂漠地帯に住んでいたとしても、人々の暮らしは、森林や山地、川や湖そして多様な生き物たちに支えられています。世界の陸地面積の3分の1を占める森林は、酸素や土を作り、私たちの生命に欠かせない水を蓄える機能を持っています。

現在、世界では1年間で約470万ヘクタール以上の森が失われています。森がなくなる原因は、産業の発展に伴い発生する酸性雨や森の生態系を無視した無計画な森林の伐採。都市化の進展です。私たちの生活が便利になる一方で自然が破壊されています。

自然が破壊され行き場を失う生き物たち

自然が破壊されることで住処を失った多くの生き物が絶滅の危機にさらされています。現在、世界には175万種以上もの生き物が暮らしています。そのうち約3万7,400種の野生生物が絶滅の危機にある「レッドリスト」として指定されています。

一度絶滅してしまった生き物が地球に戻ることは二度とありません。こうした生き物を守っていくことも重要になります。

わたしたちにできること

人間を含めた生物が永く地球で暮らしていけるようにするためにも自然環境を守っていくことがとても重要です。学校や地域でやっている植林活動に参加する。植林活動は難しくても、植林の募金をしてみる。生き物にとってどんな環境が必要か勉強してみる。自然を守るためにできることから始めてみませんか。

【参考URL】

https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

https://sdgs.edutown.jp/info/goals/goals-15.html