温暖化を食い止め地球を守る SDGs13「気候変動に具体的な対策を」

           
        温暖化を食い止め地球を守る SDGs13「気候変動に具体的な対策を」

SDGs13「気候変動に具体的な対策を」について考える

SDGs13は「気候変動に具体的な対策を」です。気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取るため5つのターゲット目標があります。

 ターゲット
13.1全ての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靱性(レジリエンス)及び適応の能力を強化する。
13.2気候変動対策を国別の政策、戦略及び計画に盛り込む。
13.3気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する。
13.a重要な緩和行動の実施とその実施における透明性確保に関する開発途上国のニーズに対応するため、2020年までにあらゆる供給源から年間1,000億ドルを共同で動員するという、UNFCCCの先進締約国によるコミットメントを実施するとともに、可能な限り速やかに資本を投入して緑の気候基金を本格始動させる。
13.b後発開発途上国及び小島嶼開発途上国において、女性や青年、地方及び社会的に疎外されたコミュニティに焦点を当てることを含め、気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上するメカニズムを推進する。※国連気候変動枠組条約(UNFCCC)が、気候変動への世界的対応について交渉を行う一義的な国際的、政府間対話の場であると認識している。

地球温暖化を中心とした気候変動については、20年以上議論がされており、様々なt離組がなされています。今回は、SDGs13から気候変動の問題について考えたいと思います。

地球温暖化が様々な災害をもたらす

産業革命以降、私たちの経済活動による二酸化炭素排出量は急上昇しております。排出された二酸化炭素は地球の上空をおおい地球を温める地球温暖化を引き起こしています。この地球温暖化によって、熱波や干かんばつ、集中豪雨、大型台風など様々な自然災害が起こっており、私たちの暮らしに深刻な影響を与えています。1880年から2012年の132年間に地球の平均気温は0.85℃上がったといわれており、このペースでいくとさらに上昇することが予想されています。

温暖化によって地図からきえる島々

地球温暖化により、災害だけでなく、海面の上昇もおこっています。この海面の上昇により、沈んでしまう島も存在しています。日本でも海面の上昇によって消える可能性のある島があります。島が消えてしまうと日本の領海が変更となるため、漁業等にも影響がでてきます。国そのものが消えると危惧されている島もあります。

北極に住む生き物は、氷が溶けることで絶滅の危機にさらされています。

二酸化炭素の排出を抑えて地球温暖化を食い止めよう

地球温暖化が私たちの生活に与える影響は非常に大きいため、二酸化炭素の排出量を抑えるため各国が様々な取り組みをしています。私たちにもできることがたくさんあります。再生可能エネルギーを使用する。移動は極力自転車や公共の交通機関を利用する。今日からできることをさっそく実践していきましょう。

【参考URL】

Edu Town SDGs

https://sdgs.edutown.jp/info/goals/goals-13.html