フェアトレードでSDGs1「貧困をなくそう」を達成しよう

           
        フェアトレードでSDGs1「貧困をなくそう」を達成しよう

SDGs17の目標の1つ目、「貧困をなくそう」

日本に暮らしていると、貧困を身近に感じることは少ないかもしれません。
だからこそ、「貧困をなくすために、今の自分にできることがあるのか?」そんなふうに思ってしまいますよね。

SDGs1_貧困をなくそう

ちなみにこの目標1には、あらゆる場所であらゆる形態の貧困に終止符を打つべく、7つのターゲット目標があります。

1.12030年までに、現在1日1.25ドル未満で生活する人々と定義されている極度の貧困をあらゆる場所で終わらせる。
1.22030年までに、各国定義によるあらゆる次元の貧困状態にある、全ての年齢の男性、女性、子供の割合を半減させる。
1.3各国において最低限の基準を含む適切な社会保護制度及び対策を実施し、2030年までに貧困層及び脆弱層に対し十分な保護を達成する。
1.42030年までに、貧困層及び脆弱層をはじめ、全ての男性及び女性が、基礎的サービスへのアクセス、土地及びその他の形態の財産に対する所有権と管理権限、相続財産、天然資源、適切な新技術、マイクロファイナンスを含む金融サービスに加え、経済的資源についても平等な権利を持つことができるように確保する。
1.52030年までに、貧困層や脆弱な状況にある人々の強靱性(レジリエンス)を構築し、気候変動に関連する極端な気象現象やその他の経済、社会、環境的ショックや災害に暴露や脆弱性を軽減する。
1.aあらゆる次元での貧困を終わらせるための計画や政策を実施するべく、後発開発途上国をはじめとする開発途上国に対して適切かつ予測可能な手段を講じるため、開発協力の強化などを通じて、さまざまな供給源からの相当量の資源の動員を確保する。
1.b貧困撲滅のための行動への投資拡大を支援するため、国、地域及び国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した開発戦略に基づいた適正な政策的枠組みを構築する。

「貧困」といっても、とても幅広いことがわかります。

いろんな企業や団体がこの目標1に取り組んでいますが、わたしたち個人にもできることはあるのでしょうか?実は、普段買っているものを少し変えるだけで、SDGs1に貢献できます。

その新しい選択のキーになるのが、「フェアトレード」です。今回はそんな「フェアトレード」についてご紹介したいと思います。

世界の貧困の現状

そもそも、まず今世界の「貧困」の状況はどうなっているのでしょうか。

全世界で8億人以上の人々が、1日1ドル25セント未満で暮らしています。それは、1日約135円未満ということ。十分な食料やきれいな水を手に入れることすら困難な状況なのです。

学校に行くことがむずかしいため、よい職に就くことができず、貧困がさらなる貧困をよぶ現状があります。少しでも収入を得るため女性や子供が奴隷のように働いていることもめずらしくありません。

また、1日1ドル25セント未満で暮らす人々のなかには、農業を営んでいたり、手工芸品を作ったりしている人が多くいます。彼らは自分たちの商品の市場価格を知らず、中間バイヤーに頼らざるを得ずに、不当に買いたたかれている現状があります。

この不当な問題を解決するひとつの道が、「フェアトレード」です。

途上発展国の川辺

適正な取引価格で生産者の自立をうながし、貧困を脱出するアプローチ

最近「フェアトレード」という言葉をきいたことがある方は、多いのではないでしょうか。
途上国でつくられた作物や製品を不当に買いたたくのではなく、その価値や労働の対価に見合った適正な価格で継続的に取引することで、生産者の自立を支援する活動です。

日本でフェアトレードに取り組む企業

日本でも、このフェアトレードの商品を扱う企業が増えてきています。

その先駆けが「People Tree(ピープルツリー)」
People Treeは、日本初のフェアトレードカンパニーで、オーガニックコットンの洋服・アクセサリー・食品・雑貨などを取り扱っています。社会問題に関心の高いエマ・ワトソンがカタログの表紙を飾ったこともある企業です。

人気商品は、チョコレート。PLAZA(プラザ)や、オーガニックをコンセプトとしたお店でよく見かけます。原料にこだわっており、秋冬限定販売で、毎年売り切れる人気商品です。

ピープルツリーHP

そのほか、様々な企業もフェアトレードに取り組んでおり、京都に本社のある小川コーヒーや無印良品、イオングループでは、10年以上前からフェアトレードのコーヒーやチョコレートを取り扱っています。

スターバックスコーヒージャパンでは、毎年20日に、フェアトレードの認証を受けているアイスコーヒーを飲むことができ、すき家やココス・なか卯で有名なゼンショーグループでも、全国3000店舗でフェアトレードコーヒーや紅茶、チョコレートの提供を行っています。

フェアトレード商品を選んで、SDGs目標1に貢献しよう

SDGsってよくきくけれど、よりよい社会のためにはいったい何をすればいいんだろうという方は、最初の一歩としてフェアトレードの商品を選んでみるのはいかがでしょうか。

最近では、スーパーや輸入雑貨店、オーガニックショップなどで、簡単にフェアトレード商品が手に入るようになってきています。
フェアトレードの製品にはこちらの認証マークのラベルが。

フェアトレードHP

フェアトレードの商品は、コーヒーやチョコレートはもちろんのこと、ドライフルーツやクッキー、ワイン、雑貨、バッグ、アクセサリーと商品も多岐にわたるので、お気に入りの1品を見つけられると思います。

わたしのおすすめは、チョコレートです。程よい甘さかつ、滑らかな口どけのものが多く、仕事で疲れた時に最高の一品です。コーヒーとの相性もとても良いです。

朝の1杯のコーヒーをフェアトレードのものに変える。
バレンタインにフェアトレードチョコを贈る。

社会がちょっと良くなるものを選び、商品の良さをかみしめながら、世界中のあらゆる貧困を解消することに貢献してみませんか。

今日の小さな行動が、明日のちょっといい世界を作っていくことに繋がっていくと信じています。