誰もがワクワクする教育を
SDGs4「質の高い教育をみんなに」とは

           
        誰もがワクワクする教育を<br>SDGs4「質の高い教育をみんなに」とは

SDGs4「質の高い教育をみんなに」について考える

SDGs4は「質の高い教育をみんなに」です。
全ての人に包摂的かつ公正な質の高い教育を確保し、生涯学習の機会を促進することを目標に、10のターゲット目標があります。

SDGs4_質の高い教育をみんなに
 ターゲット
4.12030年までに、全ての子供が男女の区別なく、適切かつ効果的な学習成果をもたらす、無償かつ公正で質の高い初等教育及び中等教育を修了できるようにする。
4.22030年までに、全ての子供が男女の区別なく、質の高い乳幼児の発達・ケア及び就学前教育にアクセスすることにより、初等教育を受ける準備が整うようにする。
4.32030年までに、全ての人々が男女の区別なく、手の届く質の高い技術教育・職業教育及び大学を含む高等教育への平等なアクセスを得られるようにする。
4.42030年までに、技術的・職業的スキルなど、雇用、働きがいのある人間らしい仕事及び起業に必要な技能を備えた若者と成人の割合を大幅に増加させる。
4.52030年までに、教育におけるジェンダー格差を無くし、障害者、先住民及び脆弱な立場にある子供など、脆弱層があらゆるレベルの教育や職業訓練に平等にアクセスできるようにする。
4.62030年までに、全ての若者及び大多数(男女ともに)の成人が、読み書き能力及び基本的計算能力を身に付けられるようにする。
4.72030年までに、持続可能な開発のための教育及び持続可能なライフスタイル、人権、男女の平等、平和及び非暴力的文化の推進、グローバル・シチズンシップ、文化多様性と文化の持続可能な開発への貢献の理解の教育を通して、全ての学習者が、持続可能な開発を促進するために必要な知識及び技能を習得できるようにする。
4.a子供、障害及びジェンダーに配慮した教育施設を構築・改良し、全ての人々に安全で非暴力的、包摂的、効果的な学習環境を提供できるようにする。
4.b2020年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国、並びにアフリカ諸国を対象とした、職業訓練、情報通信技術(ICT)、技術・工学・科学プログラムなど、先進国及びその他の開発途上国における高等教育の奨学金の件数を全世界で大幅に増加させる。
4.c2030年までに、開発途上国、特に後発開発途上国及び小島嶼開発途上国における教員研修のための国際協力などを通じて、質の高い教員の数を大幅に増加させる。

引用:https://imacocollabo.or.jp/about-sdgs/17goals/

「不平等をなくし、みんながより良い社会をつくる担い手をつくる教育をしよう」ってことです。

教育は明日の社会をつくると言う人もいます。
教育を受けることで今世の中にある格差はなくなっていくとも言われています。
そんな教育のおかれている現状について考えていきたいと思います。

学校に行きたくても行けない子どもたち

日本は、義務教育があり、全ての人が学校に行くのが当たり前で、どんなに勉強が嫌いでも読み書き計算は誰でもできますよね。
でも、世界には学校に通えない子どもたちが約6,100万人もいて、
15歳以上で読み書きのできない人は7億5000万人もいると言われています。
日本の総人口の6倍以上の人が読み書き出来ないって驚きじゃないですか。
読み書きができないことで、仕事につけず貧しい暮らしをしていたり、契約書などの文章が分からずトラブルに巻き込まれたりする人たちが沢山います。
こうした人たちが、基礎的な教育を受けることで、貧しさから抜け出すことが可能です。

途上国の学校

学校に行けない子どもたちが住む地域では、学校設備が整っていなかったり、教科書が足りてなかったり、先生がいなかったりなど沢山の問題を抱えています。
学ぶ環境を整えていくことが、とても大切なのです。

1人1人がこれからの社会をつくるという意識教育が未来につながる

日本は、義務教育があるし、みんな読み書きはできて当たり前。SDGs4については、日本政府とかNGOが途上国で学校を建てたりするくらいしかできないんじゃない?って思われる方も多いかもしれません。私もその1人でした。
ただ、SDGs4は、「質の高い教育をみんなに」って言っていて、「すべての人に最低限の教育を」とは言ってないんですよね。
ここで言っている「質の高い」とは、ターゲット目標の4.7にある「持続可能な社会をつくるための教育」のことではないでしょうか?
そして「みんな」は、子ども~大人までみんなってことではないでしょうか。
つまり、大人も子どもも、どうやったらより良い社会をつくることができるか考えて行動できる教育をやっていこうってことです。

質の高い教育

日本は、自分自身に誇りを持っている子どもの割合が、他の国に比べて非常に低いと言われています。将来に希望を持つ若者も減ってきていると言います。
ボランティアなどの奉仕活動に参加する人も増えてきたとはいえ、少ないそうです。
明日の社会は自分たちが作っていく。だから面白い!!だから世界のこと日本のことにもっと目を向けようって教育ができていくとより良い社会が出来そうじゃないですか。

わたしたちにできること

SDGs4達成のために私たちができることは、積極的に自分自身が学ぶことではないでしょうか。色んな勉強会に参加したり、地域の生涯学習講座に参加し、アウトプットして教育の場を盛り上げながらより良いものにする。
そして、教育の機会がない人たちの支援をしている団体に寄付などのできる支援をすること。
これからの教育が地球の未来をつくると思って積極的に参加していきましょう。