すべての人が食べ物を手にできる社会に SDGs2「飢餓をゼロに」とは

           
        すべての人が食べ物を手にできる社会に SDGs2「飢餓をゼロに」とは

SDGs2「飢餓をゼロに」について考えてみる

SDGs2は「飢餓をゼロに」
「飢餓を終わらせ、食糧安全保障及栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」ために
8つのターゲット目標があります。

SDGs.2_飢餓をゼロに
 ターゲット
2.12030年までに、飢餓を撲滅し、全ての人々、特に貧困層及び幼児を含む脆弱な立場にある人々が一年中安全かつ栄養のある食料を十分得られるようにする。
2.25歳未満の子供の発育阻害や消耗性疾患について国際的に合意されたターゲットを2025年までに達成するなど、2030年までにあらゆる形態の栄養不良を解消し、若年女子、妊婦・授乳婦及び高齢者の栄養ニーズへの対処を行う。
2.32030年までに、土地、その他の生産資源や、投入財、知識、金融サービス、市場及び高付加価値化や非農業雇用の機会への確実かつ平等なアクセスの確保などを通じて、女性、先住民、家族農家、牧畜民及び漁業者をはじめとする小規模食料生産者の農業生産性及び所得を倍増させる。
2.42030年までに、生産性を向上させ、生産量を増やし、生態系を維持し、気候変動や極端な気象現象、干ばつ、洪水及びその他の災害に対する適応能力を向上させ、漸進的に土地と土壌の質を改善させるような、持続可能な食料生産システムを確保し、強靭(レジリエント)な農業を実践する。
2.52020年までに、国、地域及び国際レベルで適正に管理及び多様化された種子・植物バンクなども通じて、種子、栽培植物、飼育・家畜化された動物及びこれらの近縁野生種の遺伝的多様性を維持し、国際的合意に基づき、遺伝資源及びこれに関連する伝統的な知識へのアクセス及びその利用から生じる利益の公正かつ衡平な配分を促進する。
2.a開発途上国、特に後発開発途上国における農業生産能力向上のために、国際協力の強化などを通じて、農村インフラ、農業研究・普及サービス、技術開発及び植物・家畜のジーン・バンクへの投資の拡大を図る。
2.bドーハ開発ラウンドのマンデートに従い、全ての農産物輸出補助金及び同等の効果を持つ全ての輸出措置の同時撤廃などを通じて、世界の市場における貿易制限や歪みを是正及び防止する。
2.c食料価格の極端な変動に歯止めをかけるため、食料市場及びデリバティブ市場の適正な機能を確保するための措置を講じ、食料備蓄などの市場情報への適時のアクセスを容易にする。

引用:一般社団法人イマココラボ SDGs(持続可能な開発目標)17の目標&169ターゲット個別解説

とっても小難しくてわからん!って感じなので簡単に言うと
「誰もが、栄養バランスが取れた食事を十分食べられるような世界をつくろう。」
ってこと。

街を歩けば食べ物にあふれ、おなか一杯食べることができる国にいるからこそ、なんだか遠い世界のことで自分には全く無関係って感じませんか。
実は、そんなこともないんです。
私たちの生活が世界の食糧問題に大きくかかわっているし、今後私たち自身も、食糧不足に直面するかもしれないんです。

今日は、SDGs2「飢餓をゼロに」について考えてみたいと思います。

世界の9人に1人が飢餓。今後さらに広がる可能性も

十分な食べ物を食べられず、必要な栄養も取れず、健康な状態を保つことができないことを「飢餓」といいます。
飢餓に苦しんでいる人たちは世界中に約8億人います。なんと世界の9人に1人。
1クラスに3~4人は飢餓状態って考えると、間違いなく多い。
さらにこれから、世界の人口は爆発的に増えると考えられており、食糧不足はさらに深刻になるかもしれないんです。
2000年と2050年では、全世界で必要な食べ物の量が1.6倍になるという予想もあるくらいです。

子供たち

お腹いっぱい食べられる国に生まれた私たちも無関係ではない!?

日本の食料自給率って何%か知っていますか?

なんと、38%!!

半分もまかなえおらず、毎日食べている食べ物の多くは、外国からの輸入に頼っています。

日本のような経済的に豊かな国が、食べ物を他の国から買い占めるので、貧しい国は、食べ物が買えない。さらに、自分たちが作った食べ物も輸出してしまうので、貧しい国では、常に食べ物が不足しています。

実は、世界の生産量の半分近くの穀物を先進国で消費しています。先進国の人口は、世界の2割にも満たないので、いかに私たちが食べ物を買い占めているのかっていうのがわかると思います。

穀物

しかも、この穀物の半分は、牛や豚などのエサになっており、人が食べているわけではありません。
つまり、肉を食べることが、飢餓の原因のひとつになっているってこと。

私たちの食生活が、世界の飢餓とつながっているなんて考えたこともなかったので驚きです。

持続可能な農業は食糧不足解消に欠かせない

SDGs2では、持続可能な農業についても触れています。これと飢餓がどう結びつくの?って思った方もいるのではないでしょうか。

飢餓をなくすには、農家の生産量を上げることが重要です。アジア・アフリカには、生産性を高められる可能性のある農家が5億軒もあります。
生産性を高めようと、何も考えずに生産量だけ上げ続けることはNGです。
土地がやせてしまい、荒れ野になってしまう可能性があるからです。

畑での仕事風景

食料を増やそうとした結果、減ってしまうということにもなりかねません。

持続可能な農業のあり方を考えていくことが飢餓問題の解決には、欠かせないのです。

私たちにできること

SDGs2「飢餓をゼロに」について、今世界で何が起こっているのかをお話してきました。
私たちの生活も大きくかかわっているなんて、他人ごとではないですよね。

とはいっても、持続可能な農業支援をできるわけでもないし、自分にできることなんてないって思っている方もいるかもしれません。

でも、そんなことはありません。

日本では、年間621万トンの食べ残しが発生しています。
そのうち半分は、家庭から出ています。この食べ残しがほかの人にいきわたったら、世界の飢餓に大きく貢献できそうじゃないですか。

「食べ残しをしない」
「食べる量を考えてムダ買いをしない(特に肉類)」

ほんの小さなことかもしれないけど、みんなでやると大きな動きになります。
SDGs2のために自分にできることは何なんだろうと考えたら、いろんな工夫が生まれてきます。

少し意識を変えて、地球に良いことをやっていきます。