古代中世の歴史から未来をつくるSDGs未来都市『堺』

           
        古代中世の歴史から未来をつくるSDGs未来都市『堺』

未来都市の成功事例が日本の未来をつくる

みなさん、こんにちは。

日本でのSDGsの取り組みの一つとして、SDGs未来都市というものがあるのは知ってますか?

SDGs未来都市は、2030年に向け、具体的にSDGsへ取り組んでいく対策やその数値目標を考えている地域のことです。

選定された地域では、地域一体となってSDGsに取り組んでいるので、ポスターなどSDGsの文字を目にする機会がふえているようです。

SDGs未来都市が各課題に取り組んだ成功事例を、他の地域でも真似することができれば、日本全体が活気づいてくるでしょう。
SDGs未来都市が日本の未来を明るくしていくのではないかと思います。
そんなSDSs未来都市についてご紹介していきます。

堺市が大切にしてきた永い歴史

今回はSDGs未来都市に選定された大阪府堺市についてご紹介します。
大阪府堺市は、まちに古墳があり、古代の日本を感じれる場所です。ロゴも古墳の形です。学生の時に一生懸命覚えた「前方後円墳」です。

SDGs未来都市の解発
SDGs未来都市

永い歴史があるということは、自分たちで平和を維持してきた証です。堺市ではこれを”「自由と自治」の精神”としてスローガンにしています。

堺の歴史は、縄文時代から始まります。四ツ池遺跡が形成され古墳が造成されました。そして中世には、「日本のベニス」とも称されるほど商業が発展し、文化の面でも千利休による「茶の湯」もこの都市で発展しました。 
 近代には、日本初となる民間鉄道、今の南海電気鉄道の事業化などにより、先進的なまちづくりが始まりました。 昭和30年代には、臨海工業地帯が、重化学工業の発展などにより高度経済成長の一翼を担い、昭和40年代初頭には、緑豊かな住環境を有するまちとして泉北ニュータウンができ、若者や子育て世帯など多くの人々の居住で人口は急増し、現在の堺のまちをかたちづくりました。
 そして、日本の経済状況とともにニュータウンの人口減少や高齢化が課題になってます。この課題を解消すべくSDGs未来都市としての取り組みを進めています。

SDGsに臨む想い、3つの挑戦

では、具体的にどんな取り組みをしているのでしょうか?
堺市は3つの挑戦をしています。
まず一つ目、
『子育てのまち堺・命のつながりへの挑戦』
わたしがこのなかで気になったのは、子ども食堂ネットワークです。
これは、SDGsの目標1「貧困をなくそう」、目標3「すべての人に健康と福祉を」、目標4「質の高い教育をみんなに」、目標11「住み続けられるまちづくり」への挑戦です。
子ども食堂ネットワークは、コミュニティの活性化、子どもの居場所をつくる、子どものSOSに気づくという3つの良いところがあります。名前は子ども食堂ですが、高齢者の方も参加することができたり、ボランティアで子ども食堂のスタッフになったり、新たに食堂をはじめることもできます。
子どもだけじゃなく高齢者の方も含めて地域のつながりが増えるのは素敵なことですよね。

二つ目、
『歴史文化のまち堺・魅力創造への挑戦』
これは、SDGsの目標8「働きがいも経済成長も」と目標11「住み続けられるまちづくりを」への挑戦です。
地域に自然があふれる地域は多いと思いますが、堺市はなんといっても、百舌鳥・古市古墳群があるのが特徴的です。この未来都市に選定されるときに目指していた世界文化遺産登録が、2019年に達成しました。また、堺市民芸術文化ホール(フェニーチェ堺)を開館し文化の発信の場をつくりました。この2つの取り組みにより人が集まり、都市の魅力がより創造されることを期待されています。フェニーチェ堺:https://www.fenice-sacay.jp/

三つ目、
『匠の技が生きるまち堺・低炭素社会への挑戦』
これはSDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」、目標8「働きがいも経済成長も」、目標9「産業と技術革新の基礎をつくろう」、目標10「人や国の不平等をなくそう」、目標12「つくる責任つかう責任」、目標13「気候変動に具体的な対策を」、目標15「陸の豊かささも守ろう」、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」への挑戦です。コンパクトなテーマにSDGsへの想いがたくさん詰まっています。

堺市は、海に面しているのでその地の利を生かして、水素エネルギーコンビナートを生み出そうとしています。次世代エネルギーをつくりだすことで低炭素社会の実現に向けて動いています。

【まとめ】

今回取り上げた堺市ですが、友人から送られてきた写真をきっかけに調べることにしました。わたし自身は行ったことがない場所でした。しかし、行ったことのない街でも調べていき、地域の特性を知ると魅力的に感じます。こういった想いをみなさんひとりひとりにも感じてもらいたいです。実際にその地域に旅行したくなったり、自分の住んでいる地域でもできることを一緒に取り組んでいけたら本望です。
別のSDGs未来都市もお楽しみに♪